郡上八幡自然園さんにエコズーム導入のお話を聞いてきました。

 In トピックス

郡上八幡自然園さんでは、今回エコズームを全面採用されました。そこで、エコズーム導入についてのお話をお聞きしてきました。

郡上八幡自然園は、徹夜おどりで有名な郡上八幡市のはずれに位置し、名前の通り豊かな自然に囲まれています。そこには、おおきなメタセコイアが沢山あり、秋の色に包まれていました。

ここは、主に小中学校の林間合宿に利用されています。

毎年多くの小中学校が合宿でここを訪れます。2泊3日で自炊を体験するのですが、そこで多くの薪を使います。数百人の生徒が毎日自炊するので、膨大な薪を用意する必要があるそうです。

近年は、製材所も減り薪の確保が難しかったり、薪を購入する費用が増えてきたのが問題となっていました。

そこでエコズームを試し、想像以上に効率が良いことがわかり、今回全面導入していただくことになりました。

エコズームを使用することで、消費する木材を約半分に減らすことができ、エコ効果がとても高いだけでなく、予算の節約にも大きく寄与できるとのこと。

来シーズンは、子どもたちに森から薪を拾い集めてもらい、環境について学ぶきっかけにしてもらいたいですね。

また、子どもたちが使う道具なので、その安全性にとても気を使われていました。本体を触っても火傷などの事故が起こりにくいのも、エコズームのよさです。

また、アフリカ諸国では、なぜエコズームの導入が地域の役になっているのか? エコズームを通して、世界の問題や、環境について、ぜひ子どもたちに伝えてあげたいとおっしゃられていました。

Recent Posts