エコズームの導入は、発展途上国を救う手助けになります。

 In トピックス

開発途上国の30億人 – ほぼ世界の半分の人口は -電気やガスなどの近代的な火力を使用できません。

その代わりに、彼らはしばしば旧型ストーブで木質燃料を燃やして調理しています。これにより発生する有害ガスは、 ”ゆっくり人を殺す煙” といわれ、とても恐ろしいものです。また、非効率に木材を燃やし続けていく環境も将来的な問題を抱えています。

EcoZoomは、健康的、効率的で環境に優しいソリューションを提供します。燃料の燃焼により発生する有毒な煙やガスの排出量を減らし、料理をする人や子供の健康を守り、また熱傷のリスクを減らすことができます。

  • 健康:WHOによると、火災や旧型ストーブの煙は、タバコを1日2パック吸うのと同じ健康被害を与えるとのことです。この煙の吸入が引き起こす疾患が、年間400万人以上の人の命を奪っています。これは、マラリアと結核を合わせた死者よりも多い人数なのです。
  • 社会:燃料にするための森林破壊により、燃料を集めるため、女性たちは次第に村から遠くの森にでかける必要があり、少女が学校に通う時間や、女性が社会的な活動に参加する時間を阻害しているのです。また、少女や女性が森で性的被害に会うケースが問題になっています。
    EcoZoomを導入することで、女性たちが木材燃料を収集する時間を減らすことができます。それにより、少女たちが教育を受ける時間、女性たちが働く時間、また性的被害に会うリスクを減らすことができるのです。
  • 経済:アフリカの家族たちは、燃料(木炭)を購入するために、毎月の収入の最大30%をも費やしています。それにくらべ、米国では火力エネルギーに彼らの収入の4%しか使っていません。この流れを変えないと、彼らの貧困からの脱出は難しいか不可能です。
  • 環境:非効率的な木質燃料の消費と木炭の生産が、発展途上国における森林減少に大きな影響を与えています。旧型コンロによる調理で発生する煙には、メタン、二酸化炭素および、その他のガスがつまっています。
Recent Posts

Leave a Comment

CAPTCHA