ケニアでの国際プロジェクト

 In トピックス

クッキングストーブの必要性:

木炭は、ガス、電気にアクセスできない都市部、周辺都市部、さらには農村部の料理の際の主な燃料源です。しかし、木炭を作ることは環境に有害で、とても非効率的なプロセスです。木は切り落とされ、表土で覆われ、そして葉に火がつき火事が起こる。
木炭を作るプロセスはとても効率が悪く、木のわずか10%だけが木炭になります。
それは、少しの木炭を少し得るためだけに、1トンもの木を切り倒すことを意味します!

ケニア政府は木炭製作に制限を設けていますが、それは悲しいことに、闇市場を作り出しました。木炭は、電気やガスよりも安価であるため、暗市場から調達されます。ケニアの都市部では、ほぼ100万世帯が1日当たり1.00ドルを消費し、調理するための燃料として、木炭に家計収入の15-20%もを支出しています。ほとんどのアメリカ人は、収入の4%しかエネルギーに費やしていません。

農村部では、人口の95%以上が調理に固体燃料を使用しています。2100万人以上の人々が、家庭の大気汚染に起因する健康問題に苦しんでいます。それは国の早死の主要な原因の第2位のになっています。女性は家庭の料理に使うため、森林減少の激しい農村で薪を集める責任があります。また、伝統的な3つの石で作られた釜戸の、煙に満ちた家で調理しているのです。世界保健機関(WHO)によると、3石の釜戸で調理する事は、1日に2箱のたばこを吸うことと同じ健康被害があると言っています。

プロジェクトの説明:

EcoZoomは2013年5月にケニアのナイロビに第2の事務所を開設しました。ケニアのオフィスを開設することは、国内の流通業者に販売するだけでなく、エンドユーザーに直接販売するビジネスモデルの拡大を表しています。私たちは現在、強力な販売チャネルを開発し、複数のパートナーと協力して、クリーンに燃る「ジコス」(スワヒリ語のストーブ)でケニアを包み込むのに役立っています。

ユニークなプロジェクトの側面:

私たちは、多くのアイデアを試して、クッキングストーブの分野で革新できるようにしています。

モバイルマネー:ケニアのモバイルマネーセクターは高度に発展しており、消費者は携帯電話を通じて商品やサービスを支払うことができます。銀行は多くの人々にとってアクセスしにくいため、モバイル・マネーは、現金を預金する危険はなく、商品の保管と支払いを可能にします。EcoZoomはモバイル・マネーを使用してエンド・ユーザーが私たちに支払うことができます。これは、私たちのストーブが必要な人々にもっとアクセスしやすくするのに役立ちます。

Recent Posts

Leave a Comment

CAPTCHA